戦略構築コンサルティング | 豊富な集客ノウハウと適切なレベルの提案でホームページのリニューアルから集客・販売の支援を実施しています。 | 株式会社3C

株式会社3C

HOME > ■戦略構築コンサルティング

 

■この時代に通用するビジネスモデルを構築します

1991年あたりから、中小企業の取り巻く環境は高度成長期時代に比べ、激動の時代になりました。
バブルの崩壊、人口減少、氾濫する情報、団魂世代の引退…数を上げればキリがありません。

要するに「過去に通用したビジネスモデルは通用しない」という時代になった、
ということは誰もが感じる共通認識であると思います。

逆に、若くして成功し、豪遊する若者。使い古した物を販売し利益を上げる主婦や、
単に外国で流行している商品・ノウハウ・ビジネスを日本に輸入しただけで一攫千金した経営者、
この例に共通することは「過去のビジネスモデルは使っていない」ということになります。

多くの企業は市場から常に「変化」を要求されます。経営のゴール

しかし、変化を目指したくても変化できない事情もあります。

そのようなプレッシャーやジレンマは例外なく他の企業でも同様に存在します。

変化をするということは、言うだけならばたやすいですが、
実際に行うのは簡単ではありません。

今までの視点・発想・価値観に加え、今まで実行しなかったことを
私どもは変化と定義します。

ただ、変化しなくてはならない領域と、変化しなければならない領域が
あると付け加えておきたいと思います。

今まで培ってきた技術や取引先、会社の生命線など、
実際には変えてはいけないことがあるからです。

長年、通用してきたビジネスモデルに執着するのはある意味非常に楽なことですが、
変化=摩擦になるわけですから、実際に変化をするということは、この摩擦に耐える必要があります。

3Cの考えるコンサルティングとは「戦わずして戦う」「勝算ある戦い」を実践することです。
それは決して競争相手と戦わないのではなく、同じ土俵では戦わないということになります。

マーケティング活動を実施するにあたり、どうしても気になるのは競合相手になりますが、
自社の優位性を考える段階になると、なかなか差別化できずに頓挫してしまうプロジェクトや、
意思決定の先延ばしが実際の現場ではどの企業・店舗でも見受けられます。

しかし、時間は止まることなく世の中は動き続けています。
事業規模が大きくなればなるほど動きにくく、しかも先延ばしが致命的な機会損失になります。

■ファイブスター理論

既に事業を立ち上げている場合、必要な資源は揃っています。

その資源をどのように利用すれば経営のレバレッジが生まれるか?現状の良い点は何か?
変えるべき部分とそうでない点はなにか?

内部のスタッフでは解決できない部分を、第三者の視点と他社の成功事例から、
事業を再生するヒントの提供を実施します。

戦略は「戦い方を略する」とも言われ、言い換えれば資源を一点集中することでもあると言われています。

まずは何に対して一極集中しなければならないか?ということを、私たちはファイブスター理論に当てはめて検証を行います。

優先順位と仮説実行・検証のスピードがアップします。

顧客に対し、何をどのように提供するか? 明確なコンセプトメイキングが可能になります。

自信を持ってプロジェクトに取り組むことが出来るようになります。

社内に一貫した意思疎通が可能になります。

■コンサルティングに関する基本姿勢

ビジネスゴールのお手伝いをします

私どものノウハウ、情報、現場での経験、スキル、取引企業などの全てをフル活用し、
ビジネスのゴールまでのお手伝いを行います。

仮に同業界であったとしても、10社あれば10通りの経営者の存在があります。
理念も違えば商品も異なり、従業員のパーソナリティも異なります。

従って、私どものスタイルは全てオーダーメイドです。

まず、現状でお困りの点や目標設定など、御社の状況をお聞かせいただいた上で、
私どもとして解決できる問題かどうか?お互いがパートナーシップを組むことができるのか?
その上で方針決定を行いスタートとなります。

コンサルティングの流れ

事業内容・モデルなどにより順番の変更は多少異なる場合があります。

コンサルティングの流れ1

コンサルティングの流れ2

コンサルティングの流れ3

コンサルティングの流れ4

コンサルティングの流れ5

コンサルティングの流れ6

コンサルティングの流れ7

コンサルティングの流れ8

このページの先頭へ戻る

.


依頼の多い相談内容

会社概要

株式会社3C

住所:〒534-0027
大阪市都島区中野町 3-5-25 1F

TEL:06-4801-8590

FAX:06-4801-8592




株式会社3C